>

正常に生えているかどうか

斜めに生えているパターン

生え方に問題がある場合は、誰のせいでもありません。
自然にそのような状態になってしまうので、歯医者に相談して抜いてもらいましょう。
特に炎症を起こしていなくても、親知らずが斜めの状態だと次第に痛みを感じます。
また、親知らずが正常に生えていないと噛み合わせが悪くなるデメリットもあります。

うまく食べ物を噛むことができないので、食事が不便になります。
食べ物が噛みにくいと思ったら、親知らずに原因があると思ってください。
今は痛みを感じていなくても、これから感じる可能性が高いです。
親知らずを抜けば噛み合わせも良くなるので、おいしく食事を済ませることができるでしょう。
20代前後に、親知らずが生えてきます。
口内の状態に、注意しましょう。

異常が起こっていない場合

親知らずは抜いた方が良いという話を、聞いたことがある人が多いと思います。
しかし実際は、抜くのは異常が起こっている時だけです。
異常が見られず、正しく生えている場合は無理に抜く必要はありません。
歯医者に相談しても、抜かないで今の状態を維持することを勧められるはずです。
無理に抜くと、抜いて穴になっている部分にバイ菌が侵入して、病気になるリスクが高まります。

余計な病気を引き起こさないためにも、むやみに親知らずを抜くことはしないでください。
ただ親知らずを抜くと、顔が小さくなる人が見られます。
顔の形を気にしている人は、歯医者に相談しても良いでしょう。
親知らずを抜くことで、輪郭がシャープに見えるかもしれません。


この記事をシェアする