>

親知らずを抜いた方が良い場合

歯肉に被さりながら生えている

他の歯は、そこまで歯肉に触れていません。
ですから歯肉と歯の間にバイ菌が入り込んで、炎症を起こすことも少ないです。
しかし、親知らずは異なります。
歯肉に触れている部分が多いので、バイ菌がすぐに侵入します。
そのため炎症を起こして、大きな痛みを感じます。
痛みを感じたら、すぐ歯医者に行ってください。

炎症が進行している時は、抜くべきだと判断されます。
他の歯は抜いたままにしておくと支障があるので、代わりの歯を埋め込みます。
しかし親知らずは抜いた状態にしていても、特に日常生活に支障を与えません。
ですから銀歯や、差し歯を埋め込むことは少ないです。
他人からも見えにくい部分なので、よほど気になる人でなければ抜いたままで良いでしょう。

早く相談するのがおすすめ

少しでも親知らずに痛みを感じたら、歯医者に相談してください。
炎症が起こっていても進行していなければ、簡単な治療で済ませることができます。
歯を削るなど、負担が少なくなります。
しかし炎症を放置すると、どんどん進行します。
すると親知らずを抜くために、歯肉を切開するなどの作業をしなければいけません。

治療が完了するまでに時間が掛かりますし、痛みも大きいです。
もちろん施術する際は、麻酔をします。
ですからその時は大きな痛みを感じないかもしれません。
問題は治療が終わって、麻酔が切れた時です。
大きな痛みを感じるので、辛くなるでしょう。
被害を最小限に抑えるためにも、親知らずの治療は早いうちが良いと言われています。


この記事をシェアする