>

最も奥の歯が親知らず

汚れが落ちているか確認しよう

歯に歯垢や歯石などの汚れが蓄積されることで、虫歯菌が繁殖します。
汚れを綺麗に落とすことが、虫歯の予防に繋がります。
毎日歯磨きをしている人が多いでしょうが、やっているつもりにならないように気をつけてください。
歯を磨いているつもりでは、汚れを綺麗に落とせません。
特に親知らずは最も奥の歯なので、汚れを見落としやすいです。

綺麗に磨けているか、チェックしながら磨いてください。
鏡を見れば、すぐにわかります。
また暗いところでは、口内の様子がうまく見えません。
明るいところで、歯を磨くように心がけてください。
奥まで歯ブラシが届きにくい場合は、口の端を指で広げましょう。
そのように、工夫して歯を磨くことが大事です。

食事をした後に歯磨きをする

必ず、食事をした後は歯を磨いてください。
会社にいる時も、コンパクトな歯磨きセットを持って行きましょう。
定期的に磨くことが、親知らずを守ることに繋がります。
また口臭の予防にもなるので、一石二鳥ですね。
歯ブラシだけでは、親知らずまで磨けているのか不安だという人が見られます。
そんな人におすすめなのが、液体歯ブラシです。

液体を口に含んでうがいをするだけで、口内を清潔な状態に保てます。
それなら、親知らずまで綺麗になるでしょう。
日頃から意識しないと、すぐ虫歯になります。
大きな歯ブラシは、奥まで届きにくいと言われます。
親知らずを綺麗に磨くためには、小さめの歯ブラシを使ってください。
さらに、柔らかい歯ブラシがおすすめです。


この記事をシェアする